商標に強い不二マークス

Since1990

商標は、商品・サービスの顔となり
信頼を築く、貴重な財産です。

Our Firm & Services事務所紹介

私達は、世界190以上の国・地域において豊富な経験・実績を有する、我が国でもユニークな商標専門事務所です。

事務所紹介

Our Team弁護士・弁理士

当事務所には、商標実務に精通し、多様なバックグラウンドを有する弁護士・弁理士が在籍しています。また、スタッフにも優秀な人材が揃っています。

弁護士・弁理士

News新着情報

2023.01.01
現行のニース国際分類(標章の登録のための商品及びサービスの国際分類に関するニース協定に基づく、国際的に共通の商標登録のための分類)が改正され、国際分類第12-2023版として2023年1月1日に発効しました。これに伴い、同日以降の商標登録出願については、国際分類第12-2023版対応の「商品・サービス国際分類表」及び「類似商品・役務審査基準」が適用されます。
2022.12.21
中国の集佳法律事務所より日本駐在の代理人が来所されました。対面でのご挨拶は4年ぶりでした。中国では商標出願が爆発的に増えており、登録性の判断が厳しめになってきているなど実務上の注意点を詳しくお伺いすることができました。
2022.12.13
韓国の康&康国際特許法律事務所から3名の代理人が来所されました。韓国では新しく仮想商品の審査指針が定められたとのことで、詳しく説明を受けました。審査指針によると、これまでの現実の商品に加え、仮想空間における商品を直接指定することができるようになり、また、現実の商品と仮想空間における商品は原則非類似と判断されるようです。
2022.12.06
2023年2月24日より、マドリッド協定議定書による国際出願(マドプロ出願)に際して、ベリーズを指定国とすることが可能になります。
2022.10.20
弊所の守田裕介弁理士が、2022年10月20日、日本関税協会(CIPIC)による「令和4年度 第9回JPO/IPR研修(各国税関及び知財庁職員との円卓会議)」において共同講師を務めました。
News 一覧